4月19日の礼拝説教より

『その言葉、わたしにも』平松牧師

聖書:ヨハネによる福音書20章19~31節

その日、すなわち週の初めの日の夕方、弟子たちはユダヤ人を恐れて、自分たちのいる家の戸に鍵をかけていた。そこへ、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。 そう言って、手とわき腹とをお見せになった。弟子たちは、主を見て喜んだ。イエスは重ねて言われた。「あなたがたに平和があるように。父がわたしをお遣わしになったように、わたしもあなたがたを遣わす。」そう言ってから、彼らに息を吹きかけて言われた。「聖霊を受けなさい。だれの罪でも、あなたがたが赦せば、その罪は赦される。だれの罪でも、あなたがたが赦さなければ、赦されないまま残る。」十二人の一人でディディモと呼ばれるトマスは、イエスが来られたとき、彼らと一緒にいなかった。そこで、ほかの弟子たちが、「わたしたちは主を見た」と言うと、トマスは言った。「あの方の手に釘の跡を見、この指を釘跡に入れてみなければ、また、この手をそのわき腹に入れてみなければ、わたしは決して信じない。」さて八日の後、弟子たちはまた家の中におり、トマスも一緒にいた。戸にはみな鍵がかけてあったのに、イエスが来て真ん中に立ち、「あなたがたに平和があるように」と言われた。それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」 このほかにも、イエスは弟子たちの前で、多くのしるしをなさったが、それはこの書物に書かれていない。これらのことが書かれたのは、あなたがたが、イエスは神の子メシアであると信じるためであり、また、信じてイエスの名により命を受けるためである。

 弟子たちはイエス様の復活を知ってもなお、殺されるのではと恐れや不安の中で鍵をかけて閉じこもっていました。未知のウイルスへの恐れや不安の中で、自分と大切な人の命を守るために家にこもっている今の私たちと同じ。イエス様はその真ん中に立って「あなたがたに平和があるように」と。これは、イエス様が生きたお方として恐れや不安の中にいる者と共におられる神であることを告げています。

 不安は終わりがなく、さらなる不安を呼んで、泥沼にはまってしまうことがよくあります。その中でイエス様は日常的な挨拶と聖霊の祝福で、不安の泥沼にピリオドを打って日常に呼び戻そうとされました。そのようにして、あなたのために始められた神様による平和の計画が将来と希望を与えるものとして続いていくのです(エレミヤ29:11)。

 その場に居合わせず、証言を聞いても疑いを拭いきれない弟子のトマスに、イエス様はこの手の釘跡を見なさい、指を釘跡に入れなさい、手を脇腹に入れなさい、信じない者ではなく信じる者になりなさい、と。すると、彼は信じる者へと変えられました。イエス様はなかなか不安や疑いを拭いきれない私たちに、いろいろな言葉を投げかけられるのです。

 今私たちは厳しい状況下にありますが、不安の中でも、まことの救い主イエス・キリストと出会い、闇の中に聞こえてくるその言葉に触れる時、あなたはその先の希望へとつながっていくのです。


日本キリスト教団 八尾東教会

〒581-0831 大阪府八尾市山本町北7丁目8−2

Tel&Fax 072−922−6677

  • YouTubeの - ホワイト丸
  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸