日曜のあしあと 7月28日

7月28日の八尾東教会は…

教会学校には久しぶりにいつもの子どもたち2名が来てくれました!

嬉しいですね〜


聖日礼拝の説教(メッセージ)冒頭、牧師が参加した「ミクタム設立40周年記念感謝祭WEST」という賛美集会の話題があり、そこで再会したあるゴスペルシンガーが作られた賛美の歌から話が深まっていきました。


礼拝後の「交わりの会」には、いつものように菓子パンと紅茶をいただきながら、おしゃべりに花が咲いたひとときでした♪



聖日礼拝説教より

『思いやりの関係づくり』

聖書: ガラテヤの信徒への手紙6章1~10節

 

  使徒パウロから、イエスをキリストと信じる信仰によって人は救われるという神の福音によって導かれ、新しい生き方を始めたガラテヤの信徒たち。パウロが去った後、パウロの教えに反対するユダヤ人キリスト者たちが彼らを混乱させました。信徒間で対立や不和が生じ、誰かが不注意にも何かの罪に陥れば、徹底的な糾弾も辞さない窮屈で思いやりのない関係に陥っていたようです。

 そこでパウロは「“霊”に導かれて生きているあなたがたは、そういう人を柔和な心で正しい道に立ち帰らせなさい。」と教えました。どんな間違えに対しても、まずは自分の中に満ちている神の愛を注ぎ出すように赦しの心をもって向き合うことが大切なのだということです。そのためにも、「実際には何者でもないのに、自分をひとかどの者だと」思ってしまう自分の罪を自覚し、そんな自分もまた罪赦された一人であるという神の愛を繰り返し自分の中に見出したいものです。

 神様はあなたを愛しています。神様は確かに答えてくださるお方です。言葉を通して行いを通して生き様を通して、この愛を分かち合おうと相手に渡す時、キリストの香りを放つ者としてその愛があなたからにじみ出ていくのです。神の愛を証しする者として、まず信仰によって家族になった人々を大切にし、その関係を熟成させることからすべてが始まるのです。

(平松牧師)

日本キリスト教団 八尾東教会

〒581-0831 大阪府八尾市山本町北7丁目8−2

Tel&Fax 072−922−6677

  • Facebookの - ホワイト丸
  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagramの - ホワイト丸